校長あいさつ

 平成31年度より,本荘小学校に赴任してまいりました校長の出井桂治(いでいけいじ)といいます。着任したこの地で,新たな環境,新しく出会う方々…等,自分にとっての「新」を「学び」としながら,子どもたちや先生方とともによりよい学校づくりができればと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

平成31年4月
和気町立本荘小学校 校長 出井 桂治

 

DSC00688 DSC00690 DSC00686

 

あいさつ

 

  

     学校長のあいさつ
                                 和気町立本荘小学校長
            守 時 本 夫

本校は、大正2年に和気郡藤野・本荘二箇村立野吉尋常高等小学校を分離し、同組合立大中山尋常小学校を廃し、新たに本荘尋常高等小学校として設置され、昭和22年に本荘小学校として改称され、今年度創立96年目を迎えました。現在地(衣笠550)へは、昭和54年4月に移転しました。児童数は、昭和58年度の554名をピークに近年300名台を維持し、今に至っています。この間、地域の中の学校として、保護者の方々はもちろん地域の人々に見守られて発展してきました。
今年度「信頼と愛情に満ちた教育の実践」を経営の柱とし、本校の教育目標「心豊かにたくましく生きる子どもを育成する」の実現にむけ教育活動を実践しています。
子どものよいところをしっかり褒め、一人一人が自信と存在感、有用感をもてるようにし、ぞれぞれの個性の伸張を図っています。また、教師は、子どもや保護者に安心感をもたれるよう、常に学ぶ姿勢をもち、豊かな人間性、広い社会性、高い専門性を求め、自己の資質や人間性を高めることに努めています。
本年度は、指導の重点として次の4点を掲げ、全職員一丸となって進めます。
(1)やさしい心づくり(人・ものとの関わりをとおして)
(2)確かな学力づくり(基礎・基本の育成をとおして)
①基本的生活習慣の定着(安全で、きまりよい生活)
②基礎学力の定着・向上(めあてをもった学び)
(3)強い心と体力づくり(ねばり強く取り組むことをとおして)
(4)開かれた学校づくり(地域との連携を深める活動をとおして)
保護者や地域の皆様にもご理解いただき、学校と保護者、地域が一体となって子どもたちを大切に育てていきたいと思います。今後とも変わらぬご支援・ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

みなさん こんにちは 本荘小へようこそ

HP 作成研修中 

alt